作業者

【廃棄物をリサイクル】瓦礫選別は専門業者にお任せ

事業者に依頼するポイント

解体工事

自治体の許可

構造物の解体や各種の工事現場で出る産業廃棄物は、法律を遵守して処分する決まりになっています。つまり、環境に配慮して産廃物の減少という点から瓦礫選別を実施しなければ、産業廃棄物の処分は許可されない仕組みになっています。したがって、処分を行うためには、瓦礫選別について経験や実績のある専門の事業者にお願いすることが合理的です。しかし、日本国内には多くの専門業者があり、依頼条件に適合した業者を見つけて依頼することが重要です。瓦礫選別の業者を選定する場合の大切な点は、産業廃棄物を処分するための許可を受けているかどうかです。瓦礫選別において、必要なスタッフや作業機器があれば業務は行なえます。ただし、最終的に瓦礫を処分するには、自治体の許可が欠かせません。許可を受けていないと、作業後に瓦礫を引き取り、専門の処分業者に依頼する必要があります。すなわち、最終処理業者と連携を行い、最終的に処分可能な手段の確認が欠かせません。産業廃棄物の処分は、繊細な取り扱いが必要とされる作業です。したがって、問題を抱えている事業者は、以前に許可取り消しや営業停止などの処分にあった可能性も考えられます。反対に、行政処分を受けたことがない事業者は、そのことをホームページなどにしっかり記載している場合が多いです。そのため、瓦礫選別を依頼する場合、事前確認をすることが重要になります。また、複数の事業者から見積もり書を提示してもらい、料金の概要を把握しておくことも忘れてはいけません。