作業員

【廃棄物をリサイクル】瓦礫選別は専門業者にお任せ

事業者に依頼するポイント

解体工事

瓦礫選別は経験や実績のある専門の事業者に依頼するのが合理的です。依頼するポイントとしては、産業廃棄物を処分するための許可を受けているかどうかです。また、これまでに行政処分や営業停止の経験があるかどうかも確認した方が良いです。

レンタルもできる

模型

工事現場で多く発生するがれきは、法に従って適切に廃棄しなければなりません。手間がかかる作業なので、瓦礫選別を行う専門業者に依頼をするという手もあります。専用の重機を使うのでパパッと作業を終えることが可能です。

解体ガレキもリサイクル

産業廃棄物

鉄や再生砕石へ

小学校でも習うリサイクル、新聞でよく見かける産業廃棄物の問題、聞いたことはあるけれどよくわからないといった人も多いですよね。そこで産業廃棄物とは何か、廃棄物のリサイクルといった問題をわかりやすく紐解いていきたいと思います。古いマンションやビルを解体したときに出るコンクリート片、あの塊をガレキ類と言います。あのガレキの山も産業廃棄物の一種です。実はあの山は、そのまま埋め立て処理されるわけではありません。きちんと瓦礫選別と呼ばれる手法でリサイクルできるものと出来ないものに分けられているのです。一般的にはコンクリート片の中には鉄筋が含まれています。みなさんにもよく知られているように、鉄くずはリサイクル出来ますね。ただコンクリート片と鉄筋がくっついてしまっている場合、鉄筋のみを取り出さなくてはならないのです。それが瓦礫選別です。また鉄くずを取り去ったコンクリート片もリサイクル可能なのです。コンクリートの原材料は実にシンプルです。セメント・石・砂利・アスファルトが原料となっています。こうしたガレキをきちんと瓦礫選別することで、道路舗装用の再生砕石へと生まれ変わらせることが出来るのです。瓦礫選別の方法は、1種類ではありません。最近では固定式破砕機や磁力選別機、篩機などの機械による瓦礫選別によって、人件費の削減や時間の短縮などが実現しています。地球環境を守るためにも、資源のリサイクルはとても大切なことで、積極的に取り組んでいきたいですね。

正しい処理で環境に適応

解体工事

瓦礫は、法で定められた方法で処分しなければいけません。コンクリートや鉄筋などが混ざり合っている場合には、専用の瓦礫選別機械を使用する必要があります。効率良く瓦礫を処分してもらうためにも、専門業者に依頼して、まずは見積もりを取ってもらいましょう。専門業者であれば、瓦礫をリサイクルに回してもらえます。

イチオシサイト

  • 有限会社林製作所

    瓦礫選別では工事現場に必要なアイテムを販売していますよ。新品のものもあるので目を通しておくべきです。